紅葉写真を眺めて秋を楽しめちゃう「紅葉なう2012」、公開してます!

紅葉写真を眺めて秋を楽しめちゃう「紅葉なう2012」、公開してます!

こんにちは、のもです。
弊社の社内デザイン制作部であるクリエイティブデザイン部が運営する「mock up」というサイトから生まれた「紅葉なう2012」をご紹介します!

Twitterで「紅葉」という言葉と一緒に公開されている写真を自動で表示させています。

みなさんの写真、すごく綺麗ですねー。
紅葉写真と一言で言っても、接写、景色、落ち葉、山肌・・・などなど、さまざまな写真があります。
なんとなく、その写真がどんなところに心打たれて撮影したものなのかが伝わってきますよね。
シャッターを押した瞬間の撮影者の想いが凝縮されているのではないでしょうか。
ネット上に溢れる皆さんがとらえた一瞬をこうやって一度に見られるとなんだか温かい気持ちになってきますね。

実はこのサイト、そのまま表示させておけば、紅葉スライドショーにもなっちゃいます!

 ・お仕事が忙しくて旅行になかなかいけないという方!
 ・写真が大好きな方!
 ・ちょっと脳を休めて季節を感じたい方!

などにオススメです。ぜひ一度ご覧になってください!

企画から公開までたったの7日で完成させたというクリエイティブデザイン部の瀬津に、制作背景や思いを聞きました!(以降登場する人名はすべてクリエイティブデザイン部メンバーです。)

―7日ってすごいスピードですね~。

実は、他の案で企画を進めていたのですが、どう考えても公開日(毎月9日)までに完成しなさそうな状況だったので急遽、「一週間で出来ること」を考えることになりました。
ぼくと、楠本、村上で案出しをし、企画をまとめました。「秋だからやっぱ紅葉でしょ。」ということで、題材は「紅葉」に決まりましたが、紅葉をテーマにどんなサイト作るか?などを議論しました。
撮影して紹介する、記事ものにするといった原始的なアイデアもあったのですが、「ネットの力を借りたサイト」にしたかったので、ツイッターの仕組みを使いました。
実装は、エンジニアの早川に、以前、東京デザイナーズウイークに受賞出展した「#おいしいもの」のエンジンが使えることを確認し、だいぶ省力化しました。

―手書きを残したのはなぜですか?

デザインは、、当初、スクラップブックのように、写真をぺたぺた貼っていったような感じをイメージしてたので手書き調のレイアウトにすることにしました。
時間がないのもあって、A4の紙に手書きで描いたものを、そのままスキャンしてつかいました。いい味わいになりました。
HTMLの実装も簡単にすむように意識し、伊東と後藤が分業でコーディング。大きな動きはCSS3で処理してますが、細かい動きはアニメgifという、なんともローテクな方法で実現してます。

―眺めているだけで、秋を満喫できますね!
そうですね。リアルタイムでアグリゲートしてるので、日々刻々、紅葉が変わっていくのがわかります。
関東は来月がピークですが、北海道や東北では、いまが旬みたいですね。そんなことが目に見えてわかるのが、おもしろいです。集まった画像は、どれも「個人個人の感動」の集積なので、ちょっと詩的な感じがして、おもしろいですよ。秋なので、なんとなく「あはれ」でロマンチックです。
今度、でっかい画面で、サイネージみたいに表示してみたいです。

ぜひ「紅葉なう2012」で秋を満喫してみてください!
それでは!

 

推奨画面サイズ1024x768以上

TOPページヘ

ページの先頭へ