『謎フェス』開催!“あなたはこの謎が解けるか?”2012/11/3(土)~4(日)

『謎フェス』開催!“あなたはこの謎が解けるか?”2012/11/3(土)~4(日)

こんにちは。編集部まりえですfish
来月11月3~4日(土・日)、お台場にあるイベントハウス「東京カルチャーカルチャー」(通称カルカル)で、
リアルゲーム団体合同謎解き文化祭“謎フェス”を開催します。

静かに、でも確実にファンが増えている“謎解き”や“脱出”などの参加型イベント。
耳にしたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

ある設定の中で謎を解き続け、犯人を見つけたり、
閉じ込められた場所から脱出したりする、実際に参加して楽しむイベントです。

カルカルでは、過去に10団体以上、公演数はなんと100公演以上(!!)の
謎解きなどの参加型イベントを開催してきました。
参加者はのべ1万人を超し、一度体験したらハマる人続出!
リピーターもとても多いとのことflair

体験しないとわからない、体験するともう一度行きたくなる、不思議なイベント。
そんなイベントを、文化祭のように一度にいくつも味わえるイベントが、この“謎フェスです。

開催にあたり、自らもその魅力にのめり込んでしまい、今回の“謎フェス”を企画した
カルカルの店長・プロデューサーの横山シンスケ氏にお話を聞いてきました。
(右側の画像はカルカルで過去に開催したイベントの一部です。クリックで告知ページへ)

--謎解き・参加型イベントとカルカルの関係は?SCRAP・リアル脱出ゲーム『人狼村からの脱出~狼を見つけないと、殺される』

4年くらい前に噂になり始めてたSCRAPのリアル脱出ゲームを体験して、
その今までにない全く新しいイベントスタイルと、アナログなのに物凄い興奮と
カタルシスを得られるその世界観にショックを受けまして、
まずはSCRAPにカルカルで何日も連続で開催してもらいました。

  

そしたらSCRAPに影響を受けた色んな団体と知り合えて、実際にその団体達と謎解きイベントを一緒に考えながら開催したりしてるうちに、気付いたらカルカルが“謎解きイベントのホーム”みたいに言われる場所になってました。

ニフティ社員で謎解きイベン
ニフティ『探偵QR』ト制作団体も作って、「探偵QR」っていうQRコードを使ったネットっぽい謎解きイベントも、4回開催しました。


--横山さんが思う謎解き・参加型イベントの魅力は?

やはり「お客さんが主役」、しかも「苦労するのに楽しい」みたいな
新しいエンタメのスタイルを作ったとこが画期的で、
もう一つはよく例えるんですが、昔のパンクブームにどっか似てて、
「これは自分達でも作れるんじゃないか?」と思わせるユルさもあり、
その新しい楽しさと、DIY感が魅力的な気がします。

ろじっくぱらだいす『非モテからの卒業』

カルカルの「ネットとリアルをつなぐ」というテーマ的に言うと、
ネットゲームの世界をリアルイベントに」という部分だったり。

そしてまだ見えてないですが、それをまたネットに持っていくというか、
上手くネットとリアルを行き来できるような新しいコンテンツにできないものか、というのは色々考えてます。

--なぜ、“謎フェス”を開催しようと?

よだかのレコード『眠れない王国と眠り姫』

謎解き、参加型イベントという新しいジャンルを確立して、
新しいシーンを作りたい
というのが一番。
それに、団体達から「みんなで何かやりたい」というリクエストも多かったので
必然的な流れという感じがします。

--“謎フェス”は第2弾もある?

当たり前ですが10団体以上集めた時点でカルカルじゃ狭過ぎるので、
初回の今回はまずは実験的というニュアンスが強くて、
イイ感じになればカルカルを飛び出して廃校とか借りて大きくやりたいです!

もともと11月3日だけの予定だった“謎フェス”、チケットは即完売!!
ということで、4日(日)にも追加公演が決定しました。
その4日分も、チケットは残りわずかとのこと。これは、第2弾もありそうな予感ですね。

今回は、10団体以上の謎を一日で体験できるチャンスです。
初めての方は気軽に楽しめ、体験済みの方は新しい発見があるかもしれません。
ぜひお台場に遊びに行ってみてはいかがでしょうかfuji

リアルゲーム団体合同謎解き文化祭“謎フェス”
詳細やチケット情報は、↑このページからご確認ください。

それではまた~notes

◇2013/10/9追記◇
2013年の謎フェスについては、こちらをご覧ください→【謎フェス2013・最新情報】

サービスへの思い」の記事

200サービスへの思い」カテゴリの記事

こんなコトもやってます」の記事

300こんなコトもやってます」カテゴリの記事

まりえ編集部員」の記事

まりえ編集部員」カテゴリの記事

 

推奨画面サイズ1024x768以上

TOPページヘ

ページの先頭へ