これも社内でデザインしています~ニフティの年賀状~

これも社内でデザインしています~ニフティの年賀状~

みなさんこんにちは。編集部のりんです。

気が付けばもう12月も半ば。1年が経つのは本当に早いですね…。
12月といえば、みなさんは年賀状、出してますか?

最近はメールだけとか、SNSでご挨拶、といった方も多いかもしれませんね。

以前、こちらのブログでニフティのカレンダーは社内でデザインしています、とご紹介しましたが、実は、年賀状も毎年、ニフティ社内でデザインしています。
社内のデザイナーがいろいろと工夫を凝らして作っているので、今回ここで、過去のものをいくつかご紹介したいと思います。


◆2007年
社内での年賀状のデザインが始まった年です。この年のテーマは、ズバリ、「10倍」。
ニフティのサービスのおもしろさを10倍にする!という想いが「×10」というテーマになっています。
2007年の年賀状

◆2008年
2008年は、前の年とうってかわって、画面から飛び出しそうなお餅のデザイン。ぷくっとふくれるお餅のようにニフティも大きくなる!という意気込みのデザインです。

2008年の年賀状


◆2009年
2009年は干支の牛を全面に出したデザイン。「もーっと広がる!」と牛の鳴き声をかけたキャッチコピーに、デザイナーの遊び心が表れてます。

2009年の年賀状

◆2010年
この年は、なんと2種類の年賀状を用意しました。ニフティらしいかわいいタイプのものと、少しカッコイイタイプのものを用意して、送り先の好みに合わせられるように工夫しています。
画像でお伝えできないのが残念ですが、この年の年賀状はトラの縞模様や黒いストライプの部分が浮き上がるような、ちょっと特殊な加工をしていました。

2010年の年賀状


◆2011年
2011年も引き続き、2種類の年賀状です。着物を着たウサギのかわいいデザインと、古典的な日の出モチーフながら、ちょっとカッコイイ雰囲気もあるデザインの2種類です。この年、ニフティは25周年を迎えました。

2011年の年賀状


◆2012年
2012年のテーマは「NEW!
25周年の年を越えて、新しいニフティを目指そう!という想いのデザインです。この年のこだわりは「金色」。こちらも画像ではお伝えしづらいのですが、縁や辰の金色が美しく出るよう、工夫しています。

2012年の年賀状

そして、2013年の年賀状は、現在、発送作業の真っ最中!
ここではまだお見せできませんが、巳年にちなんで、"新しく「脱皮」するニフティ"がテーマです。今年お世話になった方々への感謝の気持ちと、受け取った人が明るい気持ちになれるようにという思いを込めた年賀状です。
どんなデザインかは、新年、こちらのブログでご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね。

★毎年年賀状をデザインしてくれているクリエイティブデザイン部を代表して、田畑さんにデザインのポイントを聞いてみました。

    ニフティの年賀状は、2007年より社内のデザイン部門でデザインをするようになりました。
    デザインをする際に意識しているのは「いかにニフティらしさをお伝えするか」。
    「ニフティらしさ」というととてもふわっとしていて難しいのですが、
    「安心感を与えるような存在だけど、時折面白いこともする会社
    そんなイメージなのかなと思っています。
    数々のダジャレやカワイイイラストの年賀状には、そんな「ニフティらしさ」が
    落とし込まれているのだな、と、感じてもらえると嬉しいです。


ちなみに、ニフティでは今、年賀状作りを強力にバックアップする年賀状ポータルサイト「@nifty年賀状」を公開中です。そのまま使える年賀状テンプレートや素材が1000点(!)もあるので、最近は年賀状出してなかったな…という方も、今年は、お世話になった人の顔を思い出しながら年賀状作りをしてみてはいかがでしょうか。

では、また!

 

推奨画面サイズ1024x768以上

TOPページヘ

ページの先頭へ