書籍紹介「エンジニアのための データ可視化[実践]入門 ―D3.jsによるWebの可視化」

書籍紹介「エンジニアのための データ可視化[実践]入門 ―D3.jsによるWebの可視化」

こんにちは、編集部のだいすけです!

本日は、ニフティのエンジニアが執筆した書籍のご紹介です。

ニフティのエンジニア 森藤大地(@muddydixon)があんちべ氏と共同で執筆し、昨月発売されましたhappy01
「データ可視化」に興味のあるみなさま、ご一読いただけますと幸いですdash
紙だけでなく電子版もご用意していますeye

森藤は、大学院にて自然言語処理・言語発達のニューラルネットワークなどの研究を行った後,ニフティ株式会社に入社し、その後レコメンデーションエンジンの設計開発などを行い,現在,興味の赴くままにD3.js,HTML5,JavaScript,Node.js,MongoDB,Hadoop,機械学習などの勉強会に参加しつつ,日々開発業務を楽しんでいます。

 up当社採用ページにも登場しています!

oneタイトル
Software Design plusシリーズ
「エンジニアのための データ可視化[実践]入門 ―D3.jsによるWebの可視化」
http://gihyo.jp/book/2014/978-4-7741-6326-0?ard=1394063666

two内容説明
データの可視化とは、「データに含まれる事実・示唆を効率よく発見する技術」、「データから発見した事実・示唆を明確に伝える技術」ということができます。本書では、データ可視化の基本に始まり、何を可視化すべきで、誤った考え方は何かなどを解き明かしたあと、JavaScriptライブラリD3.jsの使い方、D3.jsによるWebの可視化のさまざまなケーススタディまで、エンジニアの方がさまざまな業務の現場で直面するであろうデータ可視化の考え方と手法をわかりやすく解説します。

よろしくお願いしますsign03

 

推奨画面サイズ1024x768以上

TOPページヘ

ページの先頭へ