自分好みに使いやすく スマートフォン版「@niftyトップページ」が新しく生まれ変わりました

自分好みに使いやすく スマートフォン版「@niftyトップページ」が新しく生まれ変わりました

みなさんこんにちは。 編集部のりんです。
今日は、先月リニューアルして新しく生まれ変わった、スマートフォン版「@niftyトップページ」をご紹介します。

○スマートフォン版「@niftyトップページ」(スマートフォンでご覧ください)
http://www.nifty.com/smp/


「@niftyトップページ」は、メールやニュース、路線情報やお天気など、毎日の生活に必要な情報をぎゅっとまとめたポータルサイトです。
これまでも、PC版、スマートフォン版を提供していたのですが、やはり時代はスマートフォン。スマートフォンからアクセスされる方が多くなってきたことから、今回、スマートフォンでもっと見やすく使いやすいページにしよう!ということでリニューアルを行いました。

どこがどんな風に良くなったか、まずは、実際の画面をご覧ください。

比較画像

<リニューアル前とリニューアル後の画面比較(クリックで拡大)>


今回のリニューアルのポイントは2つ、“見やすく使いやすく”と“自分好みに”です。

まず、“見やすく使いやすく”ですが、ニュースが見やすくなってること、お分かりになりますでしょうか?写真が加わったほか、最近いろいろなサービスで使われている、タイムライン型のインターフェース(スクロールすると、どんどん情報が表示されるアレです)を採用して、スクロールだけでさくさくニュースが読めるようになりました。

次に“自分好みに”の部分。これは、画面上部のいろいろなボタンが並んだ部分(“サービスボタン”といいます)に仕掛けがあります。
リニューアル前は、左右にスワイプすることで表示するサービスボタンを切り替えられたのですが、お気に入りのサービスが端の方にあったりすると、“遠い……”ってなりますよね(私はなります)。
そこで、ボタンの並びを自由に変更できる、カスタマイズ機能を追加しました。よく使うサービスの順にボタンを並べたり、好みのボタンを自分で設定したりできるんです。

さらに、ニュースにも、“おすすめニュース”という機能を追加しました。合計8つのジャンルから、好みのジャンルのニュースだけを読める機能です。
ぜひ、サービスボタンやニュースをカスタマイズして、自分だけの「@niftyトップページ」を作ってみてください。



今回のリニューアルでは、“自分好みで使いやすく”の気持ちはもちろんですが、お客様の声を反映することを大事にしました。サービスを担当している川名さんに、どのような点に気を配ったのか聞いてみましたのでご紹介しますね。


はじめまして! @niftyトップページを担当している川名です。

今回のリニューアルでは「きちんとお客様の声を聴いて作っていこう」ということで、実際にニフティ会員のお客様にお越しいただき、使用感のテストを行ったり何度かアンケートを行ったりしました。

実はテストのときは、最上部に[メニュー]ボタンと[一覧]ボタンがあったのですが、「どっちに何が入っているか全然わからない…」という厳しい声をいただいてしまいました。(今思うと、本当にややこしかったと思います…。)

ほかにも「小さい文字は読まない(読めない)」「タブが小さいと押し間違えてしまう」など、お客様の声から改善点が多々見つかり、大慌てで修正を行いました。
その甲斐あってか、リリース後は「使いやすくなった!」という嬉しい声をたくさんいただいております。もちろんまだまだ改善点はたくさんありますので、これからもお客様により便利に使っていただけるよう改良を重ねていくつもりです!

また、アンケートでは「ニフティ宝くじ」や「ニフティすごろく」のためにスマートフォン版「@niftyトップページ」に来ている方が非常に多い…という意外な事実がわかりましたので、このあたりも今後強化していく予定です~!(新企画も準備中です!楽しみにしていてくださいね。)

それでは今後ともスマートフォン版「@niftyトップページ」をよろしくお願いいたします。
背景画像

なお、「@niftyトップページ」では今、リニューアルを記念して抽選で300名様にAmazonギフト券などが当たるプレゼントキャンペーンを実施しています。こちらもぜひご応募ください。

○ご応募はこちらから
◆PCから応募 http://www.nifty.com/navi/campaign/smptop201509/
◆スマートフォンから応募     http://www.nifty.com/navi/campaign/smptop201509/smp/
※応募期間は 2015年11月19日(木)23:59までとなります。

では、また。

 

推奨画面サイズ1024x768以上

TOPページヘ

ページの先頭へ